北九州市・下関市~関門ジギング~

関門・白島・蓋井島 エサでは釣り過ぎた・・・。よろしい。ならばジギングだ。これは「釣り」を通して戦う普通のサラリーマンの物語。

白島沖、パワースポットは存在した??

2017.10.08
三連休ど真ん中、家族サービスをほったらかしての白島沖メモ。

f:id:ryo0119r:20171011153549j:plain

f:id:ryo0119r:20171011171000j:plain


まるで「ありがたや」とつぶやきたくなるような後光がさすような朝日を拝み、実釣開始。
今回の白島沖遊撃隊(つまり鮮魚事業部)はフルメンバーだ。社長と私はもちろん、数々の伝説を残してきた二人も参戦。

釣った魚は全部食う、ピラニア先輩。

開始1時間、いきなりダウン。

f:id:ryo0119r:20171011171032j:plain

大仏と化す。

f:id:ryo0119r:20171011153500j:plain


社長上等、イカゲソ先輩。

f:id:ryo0119r:20171011171103j:plain


こちらも寝ている。

 

f:id:ryo0119r:20171011153515j:plain

大胆不敵にも船の先端、特等席で大変気持ちよさそうだが、こちらも大仏とまあまあ一致。

 

・・・態度とか。

 

 


社長と私の釣果はというと・・・。

f:id:ryo0119r:20171011171129j:plain


やはり今日も一筋縄では行かない模様だ。エソめ・・・。

「大物しか釣らんけん」

眠りから覚めたイカゲソ先輩、有言実行か?小物には興味なしとばかりにジギングをするも、エソなど一切釣らない、食わせない、釣り上げない。
ボウズ上等とばかりにジギングを繰り返すもまったく釣らない。いや、釣れない。
その間、社長のインチクにはエソラッシュ。私のジグにもエソだとかイトヨリだとかそんなのばっかり。
「そんな小物はいらんけん」
「いやいや、ボウズはイカゲソ先輩だけっすよ」

そう、まるで大仏のように寝ていたピラニア先輩もなんだかんだダウンするまでの1時間少々でレンコ鯛とか釣っている。

そんな時、小物ラッシュで着々と釣果が出始めるもエソラッシュでイライラする社長の気分をさらに悪化させるような異変が起きた。我々は休憩する事もなく必死で釣っているというのに。

「きた」

この引きは明らかにエソ、イトヨリ、レンコ鯛ではない。イカスミ先輩のジグに何やらヒットの模様。
ずーっと釣ってる社長と私には小物しか掛からず、寝ては起きて、起きては寝てたイカゲソ先輩の竿が曲がっている。

この騒ぎに熟睡する大仏モードから目覚めたピラニア先輩も「タモなら俺に任せとけ」とばかりにスタンバイ。
狙った魚は絶対にすくう。なぜならばそう、持って帰って食うからだ。

上がってきた魚は・・・レギュラーサイズのヤズ!

f:id:ryo0119r:20171011171219j:plain

「有言実行じゃないですか!」
「そうやろ?今度からブリ先輩と呼べ」
イカゲソ先輩をブリ先輩と呼べるかどうかは微妙のサイズだったのでそれはお預けにしようと思ってた矢先。

「まあ、今日はこれが最初で最後の1本やろうのう・・・」

f:id:ryo0119r:20171011182344j:plain

ここで社長が予言めいた言葉を発してしまった。なんなのだ今日は。後光といい、二人の大仏シンクロモードといい、有言実行といい、その社長の言葉が妙に引っ掛かる。

しかしここに青物がいるとわかった私は超ジギングモード。腕が折れるまでアオったらあああああ~と数時間、飯食う意外は休む事なくアオリ続けたのだけど・・・。

青物ゼロ!まったくゼロ!
強い風と高い波でヘロヘロになった我々は社長の予言も後押しして浅瀬に移動する事に。

社長が激しくボートをかっ飛ばす。まるでハワイで乗ったパワーボートだ。ちょっと飛ばし過ぎじゃないですかあって聞いたら波が高い時はぶっ飛ばしたら意外と底を打たずにイケるとの事。ほほう、今度やってみますからぶっ飛ばしても怒らないでくださいね。などと考えてた矢先。

 

 

 

・・・心配事がひとつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ryo0119r:20171011172601j:plain

 

 

大仏からお地蔵さんになってしまったピラニア先輩の安否だ。立っているのも厳しいくらい激しく暴れるボートから転げ落ちてやしないか。

 

 

 

f:id:ryo0119r:20171011171725j:plain

 

 

うん、いた。大丈夫みたいだ。

 

「スピード落とすかああ?大丈夫かああ!?」

社長が叫ぶ。

「心配なのはお地蔵さんだけです!」

 

 

 

 

 

f:id:ryo0119r:20171011172819j:plain

 

 

うん、大丈夫。暴れる不安定な船の上で最も頼りなく不安定な「バケツ」にカラダを預けて寝ているようだ。

 

 

さあて、場所移動。 

f:id:ryo0119r:20171011153603j:plain

 

 

お地蔵さん(ピラニア先輩)も無事で猫島で有名になり過ぎてしまった藍島沖へ移動。水深も10メートルくらいで波も穏やか、ノンビリ釣る事に。ターゲットは根魚全般だ。

のんびりモードの予定だったけど、ここでまた奇跡が起きてしまった。

阿弥陀如来地蔵菩薩かはたまた何かの御触れなのか。

仏モードのピラニア先輩が「社長が逃がした魚」を釣ったのである。私もなかなか釣りの経験はある方かもしれないけど、バラした魚がまたすぐ食って来た経験はほとんどない。

「あ・・・切られた・・・」

「あ~あ」

「お!へへへへ、キタキター」

まさにこんな感じ。ピラニア先輩が釣ったなかなか大きいサイズのアコウの口元にさっき切られたばっかりの社長のタイラバ(新品)が付いていたのだ。

あまりに珍しいと思って写真をカシャカシャ撮ったのだけど、なぜか保存されておらず、証拠写真はない。これも神か仏のイタズラか。

バラした魚は警戒心が強くなるし、学習能力もあるってなんかの研究結果に書いてあったけど、よほどバカでアホでマヌケでおなかが空いたアコウだったんだなあ。ピラニア先輩に釣られるなんて。

さて、私はちょろっとヒラメとかアコウとかヒラヒラジギングで釣って、青物ゼロ、いたって普通の釣りとなった。

f:id:ryo0119r:20171011182703j:plain

うーん、ヒラマサ釣りたいぞ!カンパチでもいいぞ!

 

次回はいつだろうか・・・。そろそろナブラチロアが踊りまくる季節のハズなんだけどなあ・・・。

おわり

2017/09/09記録更新【モンスター】

2017/09/09

記録更新だ。

まずは社長が釣ったこれを見ていただきたいf:id:ryo0119r:20170909231955j:plain

これは社長が釣り上げた物体Eなのだけど、この写真ではわかりにくいと思うので、「イカゲソ先輩」が釣り上げたこの写真で確認。

f:id:ryo0119r:20170909232022j:plain

 ジグより大きいか小さいかわからないエソがこの日のアベレージ。

とにかく今日は釣れなかった。べたなぎの白島沖(女島沖35メーターゾーン)で粘るもシイラの群れが時折やってきてジグにヒットする程度。

f:id:ryo0119r:20170909232056j:plain

社長もシイラを釣りながらもラチがあかないと男島沖(57メートルゾーン)に移動し、そこで粘るもまったく釣れず。あまりに釣れないのでヒマつぶしにおにぎりを食べ、昼飯を食べ、その後イカゲソ先輩はお約束の船の先端で寝てしまい、たまに釣れてもさっきの写真のようなジグくらいの大きさのエソしか釣れないヒマな社長は「お前が釣ったら私も釣る」つまり私は生きた魚群探知機となり、ヒマな社長は船のゴミ掃除を始めてしまった。望むところである。ジギングは忍耐なのだ。一日中シャクリ倒す事など今に始まった事じゃない。

私はおにぎり食べながらジグをしゃくり、昼ごはんもさっさと食べてはひたすらしゃくる。まったく魚の気配もない状態でのジギングは大変キツイが、落として巻き上げた数だけチャンスがあるのもジギングだ。日差しもきつく、汗だらだら、間違いなく今日は体力勝負と踏んでジグを120gから80gに変更。負荷を減らして休む間もなくシャクリ上げては落とし、シャクリ上げては落とし・・・を繰り返す。まさにこの40gの差が明暗を分けた。最後は忍耐、やり続ける事に意味がある。きっとどっかで釣れるハズ・・・。

社長もイカゲソ先輩も竿を出していないため、オマツリ(糸がもつれる事)もない事から20メーターほど軽く沖に投げ込んで底から中層まで斜めにシャクリ上げる作戦に変更した1投目。

着底から3メーターほどのところで・・・・

ゴン!じじじじじーーーー!

∑( ̄Д ̄;)うおおお!キタ!!!

 

逃してなるものか、ゆっくり底から引っ張り上げてやる~とか思ったら一気に魚が反転、いきなり「ガチ」っとした挙動に変わった。

あ、あ、根に潜っちゃったみたい・・・。

「引っ張れ引っ張れw」社長が言う。

「うーん、うーん、あ、ダメっす」

「もっと引っ張れ」

「ヤです。切れちゃう・・・」

「わかった、勝負掛けるか」

社長はすぐさま船のエンジンをかけ、船をバック。頼む、出ておいで~と祈ってたらグングン・・・!おおお!魚の挙動に変わった!きゃっほー!社長ありがとうございます!根擦れでリーダーがどうなってるかわかんなかったけど、ここは勝負で一気に海底から引っ剥がす。お願い、切れないでえええええ!と祈りながら引っ張り上げてしまえばあとはゆっくり巻き上げるだけ。と思ったけど案外抵抗してハラハラだった。でも青物の引きじゃないし、間違いなくこれは根魚。

その後もなんとか60メーター巻き上げて無事にランディング。

 

f:id:ryo0119r:20170909232146j:plain

 やったぜえ!リーダーも擦れまくってギリギリだったけど記録更新サイズ!この船のアラの最大記録は意外にもなぜかよく根魚を釣るイカゲソ先輩がレコードホルダーだったのだけど、ついに抜いたぜへっへっへ。まったくもってモンスターまでとは言わないけど、この面構え、かっこいいぜ、アラちゃん。これはモンスター予備軍だね。

その後も粘るも、社長が見事にエソ地獄にハマってしまい、戦意喪失。少し早めの納竿となる。ちなみにエソは私1匹、イカゲソ先輩1匹、社長9匹?見事なまでの圧倒的に無慈悲なエソ地獄だ。どうして社長ばっかりエソが釣れたんだろ?

「今日は負けたのう・・」

「社長!エソには勝ったじゃないですか!」

「・・・・」

我が鮮魚事業部はエソに対して奇跡的大勝利を成し遂げなければならない(某国風)

という事で、イカゲソ先輩が社長に投げかけた言葉がボーナスカットなどに繋がらなければいいなと祈りつつ、先ほどのレコードホルダーについてもケンカになって普段のサラリーマン生活および平和な職場環境に支障が出てはまずいため、私事ではあるけれどいったんまとめておこうと思う。あくまで私が知る限りのこの船のレコードなので写真で見せてもらった事がある社長が釣った超デカいモンスターアラとかは除きます。

真鯛:社長

ブリ:社長

ヒラメ:社長

アコウ:社長

ナマコ:社長

サメ:社長

サバ:社長

タコ:社長

消化されたアナゴ?:社長(鯛から吐き出したヤツ)

ヒラマサ:社長?私?

カンパチ:私

サワラ:私

アラ:私

マグロ:私(あれはカツオじゃねえ、マグロだ!)

ヤガラ:私

岩ガキ:私

ハモ:イカゲソ先輩

アラカブ:イカゲソ先輩?ピラニア先輩?

マゴチ:そろそろマジメに図ろう

ホウボウ:あまり興味なし

チヌ:中国人のお友達の友達

エソ:多分、社長

 

さあ、この勢力図を塗り替えるのは誰だ?

ってアレ?今日、イカゲソ先輩ってばあの写真の小さなエソ1匹のみだっけ?

おわり

土曜:夕マズメの奇跡~夏の終わりのハーモニー~

釣りは行っている。ただ最近はちょっぴり忙しく、社員全員は珍しく土曜出勤。土曜に出勤するなどいつ以来だろうか。しかしながらさすがに仕事は終日ではなく、15時くらいにメドが付いたら帰ろうというムード。

「終わりそうか?」

別に仕事が終わろうが終わるまいが、「今日は15時から釣り」と前日の金曜から社長と私の腹積もりは決まっていたのでこれはムダな質問ではあるけれど「問題ありません!」と回答し、残った仕事を他の社員に押し付けて私と社長はそそくさと15時過ぎに退社。その後、社員が残ったかどうかなど我々は知る必要もない。

さて、最近はめっぽう涼しくなった。さあ行くぞ!久々のジギングだ!夕マズメ、この時期の夕マズメはけっこう渋いとわかっていてもワクワクが止まらない我々は私の軽自動車をかっ飛ばし、港に到着。最速タイムの15時半過ぎには船に乗り込んだ。ジギングなので餌だとか不要だし、道具は常にクルマに積んであるから大変贅沢な釣りに会社TO船は40分、現場海域まで40分、16時半には釣り開始、とても贅沢な釣りが待っている!と思いきや・・・。

トラブル発生その①

3日前に釣って生け簀に生かしておいたマゴチ2匹とオコゼの様子がおかしい・・・。船にハンパない異臭が漂っている。これはまさか!?思い切って生け簀を空けると乳白色の水とともに炸裂する異臭。これは異臭騒ぎではない、異臭だ。繰り返す、異臭だ。

「もたなかったか・・・」

 「えと・・・船出しましょう」

作戦はこうだ、船が動けば生け簀の水が循環するので、少しでもキレイになったところで腐乱化した遺体の除去作業に掛かろうという算段。異臭に耐えながら出港準備を整え、いざ出発。社長がハンドルを握り、私が生け簀用のたも網を握る。

 「リーダーも結んでおけよ」

社長のPEにリーダーが付いてない、どうやら前回の釣りで終わってしまったようだ。つまり現場海域につく40分のうちに牛乳が腐ったような色とニオイの生け簀から腐乱死体を除去したのち、リーダーを結ぶという大変ヤリガイのある仕事が発生した。リーダーなぞ私の丁寧かつ最速FGノット結びで約5分。自分用なら余裕で5分を切るが、これは社長のリーダーだ。結び目からスッポリ抜けたりでもした日にはサラリーマン人生に大きく関わる。ここは慎重に結びたいところ。

その前にまずは異臭、生け簀の掃除だ。水圧によって生け簀の水がある程度循環するまで待とうとしたのだけど・・・予想に反して波が高い?(ヤバい)沖に出るとさらに高くなる予想。つまり波が高くなるまでにある程度片づけておかないと走って跳ねる船の上では乳白色の腐って大変クサい汚水を全身に被る可能性がある。(やるか)意を決して船が走り出して5分もせずに生け簀のフタを開ける。なんてことだ、やはり想像通り循環していない。既に化石の標本のように身が崩れ落ちて骨だけヤツもいれば、腐乱化現在進行中でパンパンに膨れ上がったヤツもいる。そんな奴らの身、皮、骨が排水溝を塞いでいるのだ。

「バケツでくみ出せ」

前方の運転席でハンドルを握り、前方で風上、異臭とは全く無縁かつ安全な場所の社長から指示が飛ぶ。イエッサー社長、そのつもりですよ!頑張りますよ社長!任せといてください社長!来た時よりも美しく、アナタの船はボクの船・・イヒヒなどと思ったかどうかはおいといて、バケツを片手に腐った生け簀へ手を突っ込んだその瞬間、やっぱり・・・お約束発生。大きな波で船底を打ち、ガン!と船が跳ねた瞬間、乳白色の水が私にびしゃり。ぎいやあああああと思ったところでどうでもいいや、一気に行くぜ。ひたすら水をかき出しては骨、皮、遺体を回収し、どんどん船外へ放り出す事15分。ついに排水溝をふさぎ腐乱化&白骨化した遺骨の回収・除去に成功し、キレイな海水が循環し始めた。しかしながら「頭を下げた低い体勢」+「激しく揺れる船」+「異臭」という環境は一撃で私を船酔い予備軍へと仕上げてしまった。

次はサラリーマン人生を掛けたリーダー結びだ。絶対にスッポ抜けない強度を保ちつつ、船が到着するまでに完成させないといけない。通常ならゆっくりやっても5分程度で終わる作業なのだけど、予想外の荒波の中で夕マズメに間に合わせるべく最大船速で現場海域へ向かって走り続ける船がもたらす強風とおケツが跳ね上がるほど揺れる船上でチマチマとリーダーを結ぶも、どうしても軽いPEラインが強風で暴れまくる。

結果、半分ほど巻いて、途中で諦めてしまった。つーかもう無理。ギブアップ。社長、到着して船が落ち着いたら結びますからご勘弁ください。サラリーマン人生を掛けるには状況が悪すぎる。ここはいったん引こう。

 トラブル発生その②

つまり船酔いだ。社長のリーダーをしっかり巻いて、安定したサラリーマン人生が少し伸びたと安心したあたりから、胃のムカムカが限界を超えた。二日酔いの日ばりに吐きまくってしまった。吐いても吐いてもムカムカする。吐いてはリールを巻き、巻いては吐く。滅多に酔わないのだけど、たまに酔ったりした時は「ちょっと吐いてきまーす。えへへ」などと言いながら「えおろえろおおえおおおろろおおお~!」と吐いてしまえばもう復活だ。こちとら幼少の頃から乗り物酔いが激しく、吐きまくって来た人生なのでリバースなど慣れたものなのに、この日ばかりはちょっと違った。

「釣れんぞ~」

「はい、えろろろろろろおおお~」

「釣れんぞ~」

「はい、うえええろろろろろろ~」

まさに玉置浩二井上陽水が奏でる夏の終わりのハーモニー。夏の終わりにこんなゲロを吐くとは。

しかし釣れない。アタリどころか魚の気配もない。リバースを繰り返しながらもジグをしゃくっていたのだけど、「ごごっ!」(; ・`д・´)!キタ!

きっとハーモニーさながら撒き餌(ゲロ)を巻き続けた効果だろうか、ついに幸運が訪れた。社長でなく私に。

ぐいぐい~!おお~引きますよ!

ブルブルっ!おお~頭振ってる!

「デカいか?」

「いや、ヤズ(ブリの小さいの)でしょう!」

けっこう引くんだコレが。小気味いい引き。青物って小さくてもコレだから楽しいよね。さあて、獲物は何だ~?^^

 

おお・・

 

なんと・・・

 

 

 

f:id:ryo0119r:20170907175426j:plain

フグ。

FUGU。

えふゆーじーゆー、FUGU。

 

f:id:ryo0119r:20170907175546j:plain

船酔いで気力・体力を奪われた私はフグとヤズの違いもわからなくなっていた。その後、釣れない時間だけが過ぎて行く。しかしながらあまりにキレイな夕日に我々はスマホ片手に撮影タイム。

f:id:ryo0119r:20170907175617j:plain

夕日で海がピンクにそまり、段々と漆黒の赤と変わっていき、ついに暗くなったその瞬間!

「来たぞ!」

きたあ!

社長に来た!

ジグの方がでかい、15センチくらいのアラカブが社長のジグにヒット。

f:id:ryo0119r:20170907175708j:plain

(撮影拒否)

「ボウズ免れたぞおおおお!」

さあ、帰ろう。非ボウズ達成、たくさん夕日も撮影した贅沢な釣りだ。20時過ぎ、あたりは真っ暗、胃はまだムカムカ。夜なのでビビりながらも操船し、途中、どっかで上がる花火など見ながら21時頃に帰港した。

「飯くうぞ!」

まだ胃がムカムカしていた私はラーメンとか汁物希望だったけど、あちこち閉まってて、ファミレスに決定、そこでグラタンを注文。さらに「コレも食え」とステーキをいただいて、悲鳴を上げている胃にオラオラオラオラ!とスパルタ教育。大変おいしかったっす。

「青物、まだ早いかのう」

「いや、もう釣れていい頃っすよ」

「もっと沖いこか」

「まさか・・・」

「80メーターくらいか?」( ̄ー ̄)ニヤリ

きゃっほー!社長!ありがとうございます!今度はガチンコ80mゾーンでジギングだ!

(たぶん35メーターあたりになります。なんだかんだ深いとキツイのでw)

 おわり

2017/08/4「イカゲソ先輩」の本気~夜釣り六連島での奇跡~

プロのワザ・匠のワザと聞けばその道の達人を想像するが、偶然とは言え、イカスミ先輩改め、イカゲソ先輩が同時に2つも妙技を披露してくれた。

「俺の名前、イカスミ先輩になっとるやんか!」

と私のブログを発見した先輩が言ってきたのだが、イカスミを派手に社長にぶっかけてしまった過去を忘れたのか忘れたいのか社長の記憶から消したいのか知らないけど「イカスミじゃなくてイカゲソにして」と私に懇願して来た事にいったいなんの意味があるかもわからないけど、それは別に私にとってはどうでもいいので今後は「イカゲソ先輩」になった。

そんなイカゲソ先輩が2発の奇跡を起こした。そしてこれはメモです。ただの釣行メモ。

金曜の18時に会社を退社してからバタバタと港に向かい、六連島付近でイカ釣り開始。ぶっちゃけ先週、死ぬ思いのイカ釣り大会が終わったというのに、1週間もすれば喉元を過ぎてしまった我々はもうイカ釣りに向かっている始末。ただ、今回は一晩中ではなく、ある程度近所の沖合で適当な時間に帰ろうという魂胆。

結論から言うと六連島付近にイカ釣りの漁船など一隻も出ておらず、もちろんイカはまったく釣れない。さっそくイカ釣りに飽きてしまったイカゲソ先輩はテンヤ釣りを始めた。アタリもなく、活きエビだなんて高級なエサも取られない状況が続く中、ついにイカゲソ先輩がヒット!

よく引くなあ、もしかして?と思ったら案の定だった。

サメだ。このあたりは良く釣れる。こいつはノーマルだけど、シュモクザメいわゆるハンマーヘッドシャークも良く釣れるのだ。

f:id:ryo0119r:20170909230815j:plain

断末魔の叫びのようなサメの写真をよく見ていただくとわかるのだけど、なんとラインがサメのクビにぐるぐる巻きになって釣れてしまったのである。途中で外れた可能性も否定できないけど、間違いなく釣れた瞬間はクビ釣り自殺のような恰好でサメが上がってきたのである。

「俺に針など不要だ」

などとのたまっておられたイカゲソ先輩だけど、有言実行の事態がまたもや起きた。なんと見事なサイズのハモが釣れたのだ。

f:id:ryo0119r:20170909230906j:plain

 

そしてこれがまた釣り針無用で上がってきたのである。まずこの写真を見ていただこう。ハモは前歯に特徴があって、大変鋭い歯を持っている。

f:id:ryo0119r:20170909231031j:plain

で、何がどうなってたかというと・・・

f:id:ryo0119r:20170909231105j:plain

先輩、マジおもろいっす。

あ、そういやこれ、メモ代わりだった。

シーアンカーが切れた。メモメモ。船釣りってお金かかるなあ・・・。

おわり

【2017年夏】15時間耐久イカ釣り大会(劇場版)

(お日様を拝めるのは生き残った者だけだ・・・)

いよいよ今年も始まってしまった「2017年夏15時間耐久イカ釣り大会」。

通称、「死のロード」とも呼ばれる過酷なイカ釣りだ。夕方に港を出港したら最後、次に大地を踏めるのは翌朝となる。風速・波高・天気を十分に鑑みての大会決行だが、「行くぞ」と社長の一言、つまり「勢い」だけで日取りを決める事も多い。そしてまだこの時期の夜の海は波が高く、木の葉のように揺れるプレジャーボートの上で一晩を過ごすこの大会は思ったより過酷で、鍛え抜かれたベーリング海のカニ漁師ならまだしも俺たちは至って普通のサラリーマンだ。

※鍛え抜かれたベーリング海のカニ漁師の動画はこちら

www.youtube.com

近所のスーパーで食料・水を大量に買い込む。船上での水・食料不足は命取り、万が一食料の奪い合い、ケンカなどが発生しては、例え生き残って上陸できても私達はサラリーマン、翌日からの業務に支障をきたし、給料・ボーナスに影響が出る事も必死なのでここは慎重に行きたいところだ。

 最後は気力、体力、精神力。さあ、イカは釣れるのか、我々の運命やイカに。

 

f:id:ryo0119r:20170731164412j:plain

メモ:午後18時

まだ暑いが出港は順調に進んだ。波も穏やかで期待できそうだ。うだるような暑さもこの時間となればだいぶマシだが、どうやら一番体力を使ったのは食料の買い出しだったようだ。

メモ・午後19時

現場海域へ到着。集魚灯を投入するにはまだ明るく、まずはジギングで魚釣りを楽しもう。水深は約70メートル。大物の期待ができる。

f:id:ryo0119r:20170731164445j:plain

メモ・午後20時

釣れない。深い水深と速い流れでジギングもキツイ、その上だんだんと波が高くなって来たがここで異変が起こる。船長である社長が船酔いだ。20年以上も海と格闘して来たプロの男が船酔いとは何かの予兆か。本来なら「飯でも食うか!」の時間だが、船酔いしている社長に食事を勧めるワケにもいかず、まだまだ育ちざかりの私を含めたスタッフ2名も空腹の中、イカと戦う事になる。

メモ・午後21時

辺りはすでに真っ暗だが、船酔いにも関らず社長が根性のヤリイカを釣った。プロの底力を垣間見たが、波が高い、写真を撮る余裕などない。

f:id:ryo0119r:20170731164510j:plain

メモ・午後21時半

現場海域での撤退を決断、もっと岸に寄る判断を下す。多少は波が治まれば良いのだが。岸よりの目的海域まで約5キロと言ったところか、暗闇での視界不良、うねりを伴う波の中、ビビりながらも操船を行い数キロ先に見える灯台や漁火を目指して荒れる沖から撤退した。ついさっきまではこんな感じで波も穏やかで夏満喫気分全開だったのに。

f:id:ryo0119r:20170731165840j:plain

メモ・午後22時過ぎ

蓋井島近辺まで帰って来た。沖に比べれば多少は波も穏やかな感じがある。この海域でイカ釣り再開だ。しかし潮の流れが速い上、風も予想以上に高く船がかなりのスピードで流されるが、飯も食える波の高さでようやく晩飯にありつく。うまい。

ここでまさかのイカラッシュだ。まるで確率変動に入ったかのようにヤリイカが釣れる。ただし写真はあまりない。写真を撮ろうともたもたしているとスミを吐いて船が汚れるからだ。ここは3人の連携プレーで速やかにイカを釣り上げては生け簀に移さなければならない。

f:id:ryo0119r:20170731164940j:plain

しかしここでもう一人のスタッフである先輩が社長に宣戦布告。大量のイカスミ砲を社長に向けて発射。見事に命中するその精度は狙ったものとしか思えないほど正確かつ大量で社長は見事にイカスミ爆弾を浴びる事になる。一番恐れていたボーナスカットなどに繋がらなければ良いのだが。

サイズは胴体部分で30センチほど、足まで含めるとなかなかのサイズのヤリイカが連発である。イカスミ爆弾が落ち着いた頃、船上でのイカパーティ開催だ。釣りたてのイカは本当に甘くて絶品だった。ただ食事を終えて間もない事もあり、3人で食べるも1杯のイカで十分だった。

f:id:ryo0119r:20170731165012j:plain

メモ:深夜12時

眠気が襲う。ここからが真の戦いの始まりだ。

メモ:深夜1時

イカも順調に釣れるがそろそろ脱落者候補が現れた。イカスミを社長にぶっかけたイカスミ先輩の動きが怪しくなって来た。イカが掛かっているにも関わらず、そのアタリに気付かない、回収しない、つまり動きが鈍くなって来たのだ、あからさまにキテいる、眠気がキテいるぞ~。

「寝ていいぞ~」「いや、社長こそどうぞお先に」「いや、私は眠くないから」ここに男と男、意地と意地の張り合い・・・いや戦いが始まった。ここで社長より先に寝ると「あいつは先に寝た」というレッテルを背負って来年のイカ釣り大会まで言われ続ける事になる。むしろ先ほどまで船酔いで辛そうだった社長が年齢・体力ともに一番に「落ちる」大本命だったのだが、どうやら今夜の社長にその気配はなく、落ちそうにない。

 メモ:深夜2時

竿を抱えたまま、先輩の動きが止まっては動き、止まっては動き、動いては止まる。おそらく「自分は落ちていない」という意思表示なのだろうけど、明らかに寝ている。(寝かせてやろう)という優しさか、今や竿を支えたまま落ちてしまったイカスミ先輩をよそに社長と私は一睡もせず、朝日を迎えるのである。

 メモ:深夜3時

私も意識が飛び始めた。社長とお話しつつ、たまに夢を見るのだ。一番印象的だった夢は工藤静香工藤静香のそっくりさんが歌で対決するTV番組を見ている夢だ。これが一体全体なんの夢かもわからないが、そんなレトロな夢を見ながら私もイカ釣りを続行していた。

メモ:深夜4時

うっすらと島影が見えてきた。どうやら日の出が近いようだ。イカスミ先輩はまだ寝ている。

メモ:朝方5時

完全に海が見える。操船可能だ、これならどこでもポイント移動可能だ。釣れたイカ(小)を餌にしてクエ・アラを狙いたいという社長の意向もあり、ポイント移動開始。イカスミ先輩もすっかり起きたようで妙に元気だ。

f:id:ryo0119r:20170731165747j:plain

社長は釣れたヤリイカ(小)を流して底モノを狙いつつ、私はジギング開始だ。エギではなく、今流行りのスッテにキビナゴをくくりつけ&電気ウキ仕掛けでヤリイカを狙った私は1杯しか釣れなかった上に、社長のイカを取り込み中にバラすという、マイナス以上の失態を演じていた私の気合は尋常ではなかったが・・・。

メモ:早朝6時

しゃくってる最中に夢を見て、ジギングをフォールする時にも夢を見て、ジグ着底で起きては、また寝ながらしゃくる。どうやら限界だ。ジャパネット高田やマツコDXがたびたび登場する夢を見ながら終わりの時間までしゃくり続けたが・・・。

メモ:朝7時過ぎ

「釣れるか?」「いえ、まったく」。ついに納竿の号令が下された。まぶしい太陽が照り付けると同時に全員の気力も落ちた。さあ帰ろう。揺れない大地が今は恋しい。

メモ:朝8時過ぎ

港に着いた。帰りの操船はほとんど社長だ。私は「いつでも交代しますから!」と言いながら立ったまま寝ていた。私に気遣ってくれた社長がその道のりの8割を運転し、ラスト2割が私。社長スミマセン。社長、ほとんど寝てませんよ。

さて、イカは大量だが、魚はゼロ、というおもしろい釣果だ。さあイカをご近所さんに配る時間だ。しかしながらまだ時間も早いという事もあって、24時間営業のうどん屋で朝ごはんを食べるも、食べながら寝ている。こいつはいつ気絶するかわからない、私は車の運転もある事から腹八分に抑える予定が朝定食を完食してしまった。おいしかった。

メモ:9時過ぎ

ご近所さんへイカをお届けにあがり、この大会も終了となる。自宅へ帰りシャワーを浴びると膝あたりはあざだらけ。真っ暗の荒れる海では肉眼での波の予測が付きにくい事からカラダを支える為にあちこち打ったのだろう。

~釣果~

ヤリイカ30杯くらいと思いますが、妙に釣れたイカ釣りでした。さすがのタフガイ社長も「当分イカ釣りは行かなくていい」と帰りの車中で漏らしてたのだが・・・。

「もっと近場で行くぞ!近場ならきっとラクだ!」

 翌日にはもう喉元過ぎてしまったとですか!あんなにきつかった記憶はいったいどこへ・・・。

おわり

2017/7/29(土曜)これはメモだ。

2017/7/29(土曜)

関門に行った。これはメモだ。

昔、大変お世話になったA先輩(現:会社経営者)が初参戦した関門での釣行をメモしておこうと思う。

 

このブログの存在が社長にバレてしまったからというもの、「この前の釣りが書かれてないじゃないか!」と言われるようになった。挙句に「記録代わりに書いとけ」と言われる始末でブロガーとしてはメモだけの記事など到底許せないのだけど、別に私はブロガーではないし、これでお金を稼いでいるワケでもないからメモ代わりの投稿も行う事にした。確かにこれだけ釣りに行っているにも関わらず、「去年のこの時期は何が釣れてたっけ?」という疑問が毎週発生する。そんな時にこのブログが大変役に立つのだ。特に暑い夏は「関門で涼しいうちにノンビリ・暑くなったら帰る」vs「狙うは大物のみ・沖でジギング」の戦いが始まってしまう。ジギングしかしない私は沖に出たいのだけど確かに夏は暑い。いったん沖に出てしまうと灼熱地獄の中、一日を過ごす必要が出てくるし、消耗する体力はハンパない。いっぽう、関門で涼しいうちにノンビリを選択すると、朝5時に出てヘタしたら朝9時にはエアコンが効いた涼しい24時間営業のうどん屋でソーメンを食べている。しかも関門は大鯛だって釣れるのだけど、ジギング派の私にとってはエソくらいしか釣れない厳しい釣行なのだ。

でもやっぱり暑いし命には代えられないので夏場はだいたい船でピャッと出てピャッと帰れる関門になり、私はジギングで何か釣れたらいいな~って感じで、社長以下全員はタイラバやテンヤで大鯛を狙うのだ。なので私はだいたいボウズかエソだ。

さて、この日はA先輩をお誘いし、「行く行く」の二つ返事での釣行。釣りやサーフィンといったマリンレジャーをこよなく愛し、素潜りでビナ貝を獲っては警察に密漁(疑い)で現行犯逮捕された事もある経験豊かな先輩だ。

「ビナはサザエじゃねえ!」との言い分もむなしく捕まったエピソードは大変おもしろく、その場に居合わせた漁業組合の組合長ですら「ビナはサザエじゃねっす」と警察に掛け合ってくれたにも関わらず不当?に逮捕されてしまったA先輩は見た目がチャラいのできっと余罪があると思われたのだろう。

そんなA先輩が鯛ラッシュだ。

f:id:ryo0119r:20170908153929j:plain

f:id:ryo0119r:20170908153954j:plain

f:id:ryo0119r:20170908154024j:plain

次から次に釣れる鯛(小サイズ)。塩焼きにはいいのだろうけど、こんなに釣ったら捌くのも大変ですよ、と言うご進言もむなしく次々に釣れる小鯛。ちなみにエサは活きエビ。けっこうお高いエサなのだけど釣れるのは小鯛。福岡地方では小鯛の事を「チャリゴ」と言うらしいが、まさに高いエサで釣る高級チャリゴラッシュで久々の釣りで楽しむA先輩とは裏腹に社長と私は秘密兵器のテストを行っていた。

夏場でも快適に過ごせるかもしれない。もしかしたら「沖でも楽ショーっすね!」と言えるかもしれない新兵器。その名も・・・。

 

くうちょうふく~。(ドラえもん風)

 

それはこれだ!

 

f:id:ryo0119r:20170908164202j:plain

 

小型扇風機が2機もセットされた贅沢設計の空調服。バッテリーも8時間くらい持つとの事で満を持して投入だ。清水の舞台から飛び降りる気持ちで買ってやったぜ。近所のワークマンで買った2万円の空調服

その効果は・・・。

 

 

「おう、これもう、メルカリで売っとけ」

私達の目論見は一瞬で終わった。

ps/実際、めちゃ涼しいのです。首元や袖口から風がビュービュー吹き抜ける感じは本当に涼しい。でも・・・なんか違ったようだ。(笑)半額の1万円で出品中です。

おわり

ジギングでも釣り過ぎた。ならば次は

釣りに行ってないワケじゃなく、むしろ行きまくってました。でもお魚ブログの更新をさぼっていました。理由が二つあります。

①今までの苦労がなんだったのかわかんないくらい、ヒラス・ハマチレベルだけど、釣れちゃう。とにかく釣れちゃう。ジギングどころか初めて釣りをするような初心者でも釣れてしまうのだから私から青物に対する一喜一憂な気持ちは消え、まるでサビキでアジを釣ってるような気分だ。

釣り初心者のピラニア後輩(こう見えて子だくさんの6人家族)

 

f:id:ryo0119r:20170703122847j:plain

②そしてついに!ついに!!嗚呼、なんという事でしょう!このブログの存在が社長にバレてしまった(笑)と言うか、むしろ今までよくバレなかったなあと感心はしている。「北九州ジギング」や「関門ジギング」などと言ったキーワードでググれば検索上位に来てしまうほど、巷ではほんのちょっとだけ人気のブログなのに(笑)

ブログ書くヒマあったら仕事しろ!とか言われちゃうと怖いとか、忙しくてブログなんか書いてらんねーよ!とか思ったりする日も多々あって、つまり、結果はサボってたという事実に他ならないのだけど、まあ、ここ数週間分をまとめて書いちゃおうw

ここ数週間は天国のようなポイントに通い詰めていました。(ヒント:蓋井島の近く)なんと20~30メーター、ボトムは岩場なのでジグのロストも多いけど、とにかく釣れちゃう。ナブラ健壱のギターをバックにナブラチロアが踊り狂い、オツだねー、粋だねーとイワシの群れが船を取り囲む状態が続いたのです。それもしかも3週間くらい。

※釣れ過ぎてクーラーパンパン

 

f:id:ryo0119r:20170703122918j:plain

「ここは昔から青物で有名だぞ」

おお、なんですと!?私が2年間、浅かろうが深かろうが暑かろうが寒かろうがどんな状況でもジグをシャクリ続けた事は知っているハズなのにやっと教えてくれる気になったとですか!まあ、それもこれも疲れるからジギングは絶対にイヤだと活きエビのテンヤでのんびり真鯛ばかりを狙っていた社長にお中元だとかお歳暮だとか社員一同からなので絶対に使って下さいとか、専用の竿とリール買いましょう!とかリーダーは私が結びますからご安心下さい!とか、とにかくあれこれして無理やりインチク&ジギングを勧め、大ブリを釣りあげたあの日を境にジギングに興味を持った社長は今や文句も言わずに朝から晩まで120gのロングジグをシャクリ倒す立派なジギンガーになった。たまにキツイぞ~釣れんぞ~ってチクチク言われるけど(笑)

ほぼ8週ほど通い詰めて、青物ボウズなし。私にとってはすごい出来事で、一日1本、上がれがいい方、3週連続ボウズなんぞけっこうアタリマエだったのに。そしてヒラスにハマチとだんだんとサイズが小さくなっていく変わりにアラだとかクエだとか高級根魚が混じりだすもんだから釣れた魚を持って帰る係のピラニア先輩は狂気乱舞。

※ピラニア先輩も家族6人

f:id:ryo0119r:20170703122950j:plain

f:id:ryo0119r:20170703123725j:plain

私にもブラックバスみたいなアラが。

 さて、もちろん私も普通に釣れ、記録更新には及ばずともボチボチのヒラスやハマチを釣りまくる。新品ジグではもったいなくて、さらに中古で買ったものの、コレ、使わねえかなあ、的なジグで釣ってみたり、余裕しゃくしゃく。

f:id:ryo0119r:20170703123219j:plain

 そんな感じで大漁な毎日が続いていたもんだから色々と試す余裕ができ始めたので「ジグにアシストフックが絡む」あのイライラ感を解消する事にチャレンジしたり。

 

f:id:ryo0119r:20170703123316j:plain

ドライヤーで伸縮するチューブ買って、アシストフックのリードにかぶせて温めるだけ。確かに絡みは減ったような気がするような気がするけど、3センチのヤツはそれでもけっこう絡む。リードは2センチがいいね。

f:id:ryo0119r:20170703123347j:plain

そしてこんなモノを買ってみたり。

こんな黒くて太くて立派なコレがなんと700円だった。(中古って書いてあったけど新品だ)

f:id:ryo0119r:20170703123912j:plain

次回予告:ジギングでも釣り過ぎたのでトップウオーターでヒラマサ釣ったるどー。にチャレンジ予定。

 

・・のハズが・・・(´;ω;`)

おわり

【ついに決着】インチクVSジギング

インチクVSジギング

~白島沖の激戦~

 

ついに終止符が打たれる。

 

「キツイの嫌だ」

 

と言ってた社長がついにジギングに手を出した。

 社長はジギングロッドなんか持ってない。インチク用に買った多少固めの竿で、私のジギングロッドに比べるとフニャフニャである。

そんなやわらかい竿でふわふわとアオル。

 

どぎゅーん。ぐいーん。

 

「ふん、どうやらブリだな」

 

この余裕!(笑)

 

なんと社長はふわふわジギングで一日4本上げたのである。

一方私。

せっせとアオる、いつも通りの高速ジギング。

 私は1日で2~3本。まあなかなかのサイズではあったけど、まだまだ小さいネ。

 

調子に乗った我々は4週連続で白島沖に出た。風は強いし、波は高いし。それでも頑張る私達。

 かならずオープニングヒットはふわふわ社長。

 なんで???

( ゚д゚)

 と思うほど社長のジグに食いついてくる。

 ジグは私と一緒の120gのロングジグ。

メジャークラフトの安いヤツ。

これかな?なんかタチウオパターンて書いてあった。

f:id:ryo0119r:20170523160439j:plain

 ただ、違うのはアシストフックとジギングスピード。

社長に勧めたサバ皮がついたジャコフック。

f:id:ryo0119r:20170523161200j:plain

ちょっとだけ値が張るのと、少しでも水の抵抗を減らしたい私は普通のアシストフックを使っている。だって疲れるんだもん。

 

「サビキみたいなもんやろ?」

 

とか言いながらアオルのを止めてタバコなど吸っていた竿にも

「どぎゅーん。」

 

・・・もはや屈辱である。

( ̄□ ̄#)むきいいい

 

確かにサビキかもしれん。

こっちは必至でアオリ倒しているというのに。

 

掛かるペースも私の2倍。

 という事で社長の写真はない。

 

私の写真で我慢していただこう。

 

f:id:ryo0119r:20170523161654j:plain

f:id:ryo0119r:20170523161718j:plain

f:id:ryo0119r:20170523161608j:plain

 

f:id:ryo0119r:20170523161631j:plain

 

 

 ブリラッシュ。

 

このサイズはヤズというのだろうか。

だいたい70~90センチ前後がよく釣れた。

 白島沖もわざわざ50~60メーター沖まで行かなくても40メーター前後の位置でどこでも釣れます。ブリブリすごい沸いてるよっ。

4月~5月中旬の出来事だけど、きっとまだまだ釣れていると思う。

嬉しい誤算

嬉しい事に、鯛釣りが大好きな社長が青物にハマった。

疲れるからジギングは絶対に嫌だと言っていたあの社長がふわふわとは言え、文句も言わずにもくもくと頑張っている。

どんな日も朝から納竿まで、暑い日も寒い日も、浅い場所でもどこでもジギングをやり続け、みんなにジグ啓蒙活動をしてきた私も感無量である。

社長にでかい青物を釣って欲しかったし、実際、私の倍以上は釣り上げてしまった。

本当にすげー。もってる人は違うね。

 

ただ、残念な事に、つい最近、ボートを止めている場所から数分のところで真鯛が上がりだした。

つまり関門で。

 

「沖は疲れるわ」

 

私の青物シーズンは負けっぱなしで終わるのか・・・( ノД`)シクシク…

インチクVSジギング(ヒラマサの軍配はどっちだ?)

3/25(土)

風速3・3・3・4・4・4・4・3・3

間違いなく沖に出れない風速予報。

(あ~白島は無理かあ・・・)

 

と思って船着き場に到着。

メンバーは社長と私と釣った魚はなんでも食べるピラニア先輩の3人だ。

 

ビュー!と風が吹くが関門のウネリはまだ少ない。(関門のウネリはまったく宛になりへん。)

「(沖に)行くぞ」

ナイスです社長!行きましょう社長!レッツゴー社長!

 現場海域に到着する頃はすでに海は大荒れ、船は大揺れ。

 いつも行くポイントよりもかなり手前の35メーター付近からスタートする。

沖はちょっとウネリがすごそうで。

 

「・・・・」

 

全員無言。しかし行くぞ。私はジグ投入、社長と先輩はインチク投入。シーアンカーなど意味があるのかわかんないくらい沖に流される。

 「・・・・・・・」

釣れない。

 

f:id:ryo0119r:20170329124009j:plain

全員無言。

 

「もう・・・(さらに沖に)行くぞ!」びゅおおおおお!

「ここと沖とじゃ波もあまり変わらんやろうが!」びゅおおおおお!

 「賛成!もう行きましょう!」びゅおおおお!

 

強風の中、社長が叫ぶ。私も応える。風は午後からさらに強くなる予報だ、沖に出るチャンスは午前中の今しかない。とは言え、ウネリを超えて行くのは大変労力がかかるのでもう一つ手前の50メーターゾーンへ向かう。

 

f:id:ryo0119r:20170329124106j:plain

「・・・・・・・・・・・」

釣れない。寒い。みんな無言だ。

 「エソでもいいから誰か釣れえ!」びゅおおおお!

 強風の中、社長命令が下る。イエッサー社長!千里の道もエソから。木の葉のように揺れる船の上でみんな必死でリールを巻く。

 

「釣れんぞおおお!」びゅおおおお!

 強風の中、社長が叫ぶ。

 「アタリすらないであります!(ToT)ゞ」びゅうおおおおお!

「根掛かりすらありません!(ToT)ゞ」びゅおおおお!

 (ダメか、今日も釣れないのか、撤退か・・・)

 

誰しもが諦めた瞬間!

 「来た!」びゅうおおおお!

 手のひらサイズのエソ!(笑)社長ナイスエソ!!エソだ万歳!このかまぼこやろーめ!船上のムードもやけくそに盛り上がる。

 千里の道もエソから。食いが立てばなんでも食いついてくるのだ。すなわち活性が上がる証拠だ。とりわけエソラッシュがある時はだいたい大物も混じる。

 しかし釣れない・・・。

奇跡のエソか、と思いながらも諦めない。その時。

「グ・・・・。」

きた!!!!!

と思ったら本日初の根掛かり( ノД`)シクシク…

(んー、でも根があるのはいいことだ!)

巻き上げてリーダーに異常がない事を確かめて再投入。

 「グ・・・・」(*´Д`)お??

 (;一_一)ぬほ、また根掛かり。ちょっと嫌気がさす(笑)さっきと違ってなかなかジグが根掛かりから外れない。

 「外れるか?」

「うーん、うーん、あ!外れました!」

「もう移動すっか。みんな竿上げて~」

残念だ・・・まあ2回根掛かりがあっただけ良しとするか・・・。

と思って大きくしゃくった瞬間!

「ぐいぐいぐいいいいいい~」

( ゚Д゚)!!!!!

きたあ!今度はサカナ!(笑)

今度こそさかな!魚!SAKANA!根掛かりとは違う魚の引き!(笑)

 根掛かりから外れた瞬間に食って来やがった。

(うわ!しまったドラグぎちぎちいいいい!)

根掛かりを外してたんで、ぎちぎちのドラグだったけど、前回買った竿がなんとか最初の大暴れを耐えてくれたおかげでなんとか底から引っ張りあげた。

気がかりはラインだけ。さっきまで根掛かりしてたんだよ。リーダーが擦れてませんよーに~なーむー。と祈りながらドラグを緩めて、ハラハラドキドキ、あとは釣り上げるだけ。

ようやく今年初!

 

f:id:ryo0119r:20170329124250j:plain

ヒラマサああああああぁぁぁぁぁぁ~。

 その後、数十分、その海域で粘るもレンコ鯛が2匹だけ。

「帰るか」びゅおおおおおお!

「そうっすね」(*´Д`)ホクホク

 

~インチクvsジギング結果~

社長:エソ・レンコ・レンコ

私:ヒラマサ・レンコ

先輩:完全試合達成(ボウズ)

 

このシブい状況下で なんとか1本。

まあ我々はプライベーターですから漁礁なんて知らないし、第一魚探使わないし、船が流されるがままの「贅沢な」釣りです。なのでナブラや鳥はもちろん、根掛かりも貴重な情報源。最終的にボウズの先輩がヒラマサを持って帰って終了~となりました♪

写真by先輩(ボウズ)

f:id:ryo0119r:20170330101534j:plain

 

 

インチクVSジギング~新竿投入~

社長と海へ。

 

f:id:ryo0119r:20170321132704j:plain

相島を照らす朝日を受けて朝7時、ブリ・大鯛と絶好調のエリアへ突入する。

この時期は海近くのコンビニに7時集合なのに

「6時から行くぞ」

「望むところです」

全然釣ってないんです、私。最近は全くダメ。社長のインチクが強いなあ、ホントに。

という事で春の海、北九州沖の白島沖へレッツゴー。

f:id:ryo0119r:20170321132847j:plain

白島を通過してポイントはいつものところ。

f:id:ryo0119r:20170306114339j:plain

海もなんとなく穏やかな感じ。魚探もいつも通りの反応。

f:id:ryo0119r:20170313141640j:plain

 

(もうワクワクしない。こいつらはベイトじゃねーんだ。)

という予想を・・・・まったく裏切らない。裏切って欲しかった。

釣れない。まったく釣れない~。

インチクを付けた社長がぼちぼち、レンコ鯛とかホウボウを釣る。

私のジグもプルっとアタリがあっただけ。うーむ、今日も一段と厳しいぞ!

そうこうしていると・・・おや?

f:id:ryo0119r:20170321134331j:plain

向こうの雲が怪しい?

f:id:ryo0119r:20170321134410j:plain

あれ?

f:id:ryo0119r:20170321134457j:plain

降り出した。寒い。

f:id:ryo0119r:20170321134541j:plain

社長は船室へ避難。

でも私は釣る。強風にあおられながらも、「こんな時にドラマが起きるんだよね~」

と自分に言い聞かせながら・・・。

f:id:ryo0119r:20170321134714j:plain

釣れない。

 

そういえば最近、腕時計で気圧時計というものを買った。釣りって気圧も影響するらしい。

「釣れる気圧をお知らせ!」

おお、なんという事でしょう!気圧!!潮とマズメと季節とポイントくらいしかない私の釣りマニュアルの中に新しい「気圧」という概念が生まれる。の予定だったがその時計を忘れた。

つーか、自分で釣れた気圧を記録して行かないといけない。

データが貯まればおもしろいだろうなあ・・・。

 結局、社長のホウボウ・レンコ・エソ以外はノーヒット。まずい、このままだと完全試合を記録してしまう。ノーヒットノーランだけは避けたい!私のマニュアルに完全試合はないのだ!

竿も新調した。

f:id:ryo0119r:20170321134834j:plain

今までよりちょっと長めの602フィート。180センチくらい。

アマゾンで8,000円くらい。今まで572フィートで170センチくらいだったから10センチ伸ばしました。

★★★★★(1)

「ブリもラクラク上がります!」とレビューがあった。私もそんなレビューしたいじゃあないか。

 しかし釣れない~。天気も回復したのにヤバい~。

・・・と思った瞬間!ごつ!(キタ!)

 

プロマリンCBジグトライサー602H

★★★★★(2)

「エソも楽々上がります!」

f:id:ryo0119r:20170321134942j:plain

 

_| ̄|○

 

大丈夫、明後日だ。明後日も行く予定だ。

明後日は取引企業さんと一緒に行く。接待船となるが、こう叫ぶ予定だ。

「社長!ナイスエソ!」

嫌な予感が当たらなきゃいいけど・・・・。( ノД`)シクシク…