北九州市・下関市~関門ジギング~

これは「サラリーマン人生」を掛けた釣り物語。ジギング1本で社長と対決、ハードコアなリーマン人生を追った。

ちっこいブリしか釣れんのじゃ

2019.09.14

 

左巻きに強制中である。

とにかく右巻きが恋しいのだ。

それはかーちゃんに𠮟られながら、泣きじゃくりながらもできなかったアレと同じなのか。

(あれ!僕チン、出来てるんじゃね?)

(キタコレ!)

と言わんばかりに突然「お箸」が使えるようになった幼少期を思い出す。

そんな感じでその日は突然やってくるのか、それとも来ないのか・・・。大丈夫、私はデキるヤツのハズだ。お箸も苦労したし、基本的に不器用なのだけど。


「利き手の右手だと繊細なロッドワークが!」

→いや、私のジギングは気合でしゃくるだけだし!

 

「右手の方が魚をさばきやすい!」

→瞬時に反応でけん!また船下に潜られたやんけ!

 

「投げた後に竿を持ち変えなくていい!」

→いや、ジギング、落とすだけだし!

 

「プロとかはだいたい左巻き!」

→私はプロじゃねえ!サラリーマンだ!

 

「すぐ慣れる!」

→慣れないんじゃああああああああ!

 

「青物とかパワー勝負だと『右巻き』を好むプロもいる!」

→パワー不要の小ブリしか釣れんのじゃあああああ!


・・・あ、え?ナニ?青物なら「右巻き」を好むプロも・・・?


*.。゚+(o'∀'o)+.。* ・+゚'(ノ。´∀`)ノ ゚+.(っ´∀`)っパアアア

 

ほほう、なるほど。そういう風に考えれば無理に強制する必要もないのだけど、なんかこのまま辞めるのもシャクなのでこの際、突然お箸が持てるようになったあの日の記憶を辿って頑張ってみようと思うが、正直、こんなにつらいなら始めなきゃ良かったと後悔もしている。

※まだ高速で巻けないので何度も糸フケを作ってバラしたり、船底に潜られてブレイクしたりしまくっているのだ。マジでお魚さんゴメン。

城島健司左巻き強制した際に何個もリールを壊したってどっか誰かが言っていた。そういや。

さて、大物が掛からないうちになんとしてでも慣れてしまいたいのだが、なかなか慣れない上、ベラやエソが掛かった日は最悪だし、利き腕の右手で支える竿がとても妙に重く感じるんだよなあ・・・。


さて。

社長、私、ザリガニ後輩の3人で白島へレッツゴー。先日、ダイソージグでハマチ・ヒラゴ・鯛が釣れた社長は朝からダイソージグでやる気満々であったが、あまりの強風で底が取れない事態が続くw

「コレ、全然ダメやんか」

「今日は無理でしょこの風じゃw」

さすがにびょおおおおお!で流されまくる状態じゃ無理だったようでダイソージグ(40g)は諦めたが、60gのちっちゃいアラカブしか釣れた事がないジグをセット。

しかしコレが当たり!いきなりヤズ・鯛・エソ・エソ・アコウ・アコウ・エソとしゃくりを入れる事もない「タダ巻き」で「楽して釣る」信条の社長にはピッタリの方法で釣りまくる。エソは余計だけども。

 

一方私。
100gのロングジグしか使わない私はエソ1匹を皮切りに青物が連発する。ヒラゴとヤズが交互に掛かる。しかも最初の1匹以降はエソなし。素晴らしい!

「やっぱりロングじゃないすかあ?w」

「うん、でもラクして釣る」

と言う社長はその後ピッタリとアタリが止まる。ホントにわからんなあ、釣りって。

 

一方、ザリガニ後輩。

「やっちゃるよ」

「いや、リーダーは自分で結ぶっす!」

揺れる船上でYouTube動画とにらめっこ。


・・・・・・・・・・・・


「あれ?ザリガニは?」

「まだリーダー結んでるんじゃないすかね?」

「・・・アイツ、寝とる」

お約束の船酔い(笑)

ザリガニ後輩は仕掛け作りで小一時間を費やした結果、船の先端で人知れずダウンしていた。

「あいつ、何しに来たん?」

「ヒモ結びに来たんじゃないっすかね?w」

こんなとこで終われないザリガニ後輩はエロエロエロエロ~とリバースを繰り返して復活。若いっていいね。酔った時はリバースに限る。うん。

さて、釣れないハズはないジグでやってはいるが、さっぱり釣れない。

社長のてほどきを受け、納竿間近になんとかエソ以外の魚をゲット。

 

 

 

f:id:ryo0119r:20190919163952j:plain

撒き餌(リバース)効果。


 

 

 

あれ、この写真、よく見たら、手前ピン、奥ボケでイイ感じやん。いつのまにこんな設定に!


どうでもいいや、さていよいよ秋のシーズン。なんとか今年中にカンパチ(大)を釣り上げたい!

おわり

 

 

台風ダービー開催(関門のヒットパターン)

2019.09/07

某金融機関の組長さんと行く予定の日は確率50%で台風にぶち当たっている。マジで台風男はご遠慮願いたいw

 

しかし毎回ギリギリ台風が逸れるので直撃はしない。「関門ならなんとか」レベルで釣りは決行するのもいつものこと。

しかしながらあまりの暴風で税関前まで行く事すら萎えてしまった我々は港から3分の小倉マリーナ前で頑張ることに。当たり前でしょ、逸れたとは言え台風通過中NOWだぜw

f:id:ryo0119r:20190911154103j:plain

九州のお隣を通過なう

いつもの杉Pさんは今回欠席。変わりに北海道出身の「どさん子課長」さんがやって来た。

どさん子課長さんは初心者でこんな暴風の中でまともにできるワケがないと思っていたが、とても器用なのだろう、暴風の中であっさり杉Pさんを超えるほどの手返しを習得してしまった。

f:id:ryo0119r:20190911154207j:plain

杉Pさんを抜き去る課長。さすが上司!w

 

とは言え、頭がおかCことには変わりなく、こんな暴風で海に出てるのはさすがに我々くらい。組長、台風の時くらい休みましょうぜ。相変わらず関門は波が立たないからすごいけど。


突然ですが今回、関門でおもしろいデータが取れたので記録しておく事に。

 

【大予想】
一番釣れたのはどれ?ダービー。


①組長→活きエビのテンヤ

②どさん子課長→青ケブ爆弾

③社長→タイラバ

④私→ジギング

上記の中で圧倒的な釣果を上げたのはどれでしょう?ターゲットは鯛からエソまでなんでも良いって事で。


①「本命」組長の活きエビテンヤ。
そう・・・泣く子も黙る必殺「活きエビ」である。潤沢な資金がなせるワザ。金にモノを言わせ、「関門の鯛は全部釣る」と豪語する組長。鯛、ヒラメ、青物まで全てに通用するこれ以上ない今日の圧倒的単勝1倍のセットであるが果たしてテンヤ初心者の組長がこの暴風で底が取れるのかが見どころである。

 

②「対抗」どさん子課長の青ケブ爆弾。
5号針に青ケブ(中)を3~5本掛けるこれまた贅沢仕掛け。仕掛けも簡単で餌持ちも良く、初心者の女性でも大型の鯛をゲットできる我々の中では一番実績があるセット。私も大鯛を数知れず上げており、青ケブながら侮れない。

 

③「穴」社長のタイラバ。
今年はなぜか?関門でタイラバの調子が良いが活きエビ・青ケブのリアルエサに敵うハズがないと普通に思っている。タイラバだからエサの付け替えが不要で水中の滞在時間が長いのと、ぶっちゃけめんどくさくないのが最大のメリット。ただ巻きでいいし「楽して釣る」が信条の社長にはベストマッチ。滞在時間の長さと楽ちんな方法で活きエビ・青ケブに勝てるのかが見物だ。

 

④「大穴」私のジギング。
「お前、それ釣れんやろ」と朝から言われるジギング。釣れないのはわかっている。ええ、わかっているのですよ。「負け戦こそおもしろい!!」と花の慶次も言ってたじゃないですか。とかなんとか言いながら関門ではエサ釣りをやらないと決めた私は意固地になってジギングを繰り返している。大丈夫、いつか大物が釣れてくれるさ。もっぱらヒラメとネリゴとサワラに焦点を合わせた。ネリゴ、そろそろ釣れんかなあ・・・。

※夏から左巻きに強制しているのでその練習も兼ねているのです。ハイ。

 

実釣開始!

開始早々、組長にテンヤの見本を見せていた社長が1発で30センチくらいの鯛を釣る。「活きエビはすごいのう」とか言いながら。

釣れないわけはない。さすが活きエビ、抜群の反応である。組長も次から次に鯛を釣るし、40センチを超えるチヌまで釣り上げた。
圧倒的パワーでスタートから引き離しにかかる活きエビ。

 

f:id:ryo0119r:20190911154002j:plain

なかなかデカチヌだった!

しかしこの風である。びゅおおおおおお!である。頭おかC状態で釣りをしているし、小鯛やらフグやらの猛攻を食らう活きエビで底を取るのも難しい。

そんな中で状況が変わったのは③番、社長のタイラバである。鯛、ヒラメ、鯛、エソ、エソ、エソ、フグ、鯛、鯛、・・・。圧倒的にタイラバに食い気が移った関門の魚たち。

それにしてもおかしい。実績が高い青ケブで釣れない。とりあえず1匹釣ってもらいたい私は課長さんのフォローにまわり、私のどうせ釣れないジギングはその後である。どうせ釣れないし。ええ、釣れませんから。

そして少しずつアタリが理解でき始めたどさん子課長さんがようや25センチくらいの真鯛を釣り上げ、一安心。しかしながらこのレースでは明らかに青ケブは分が悪いようだ。

f:id:ryo0119r:20190911154351j:plain

強風で鯛がクルクル回るので写真も大変

その後も社長のタイラバが次から次に鯛を釣り上げる。なんだ、コレ。レース中盤「関門の鯛を全部釣り上げる」と豪語する組長もタイラバに変更し、活きエビはここでまさかの戦線離脱。つまり大本命の活きエビがタイラバに敗れたのだ。

それでも青ケブとジギングの我々は頑張るがあ、まあジギングは別にいいとして、青ケブも超イマイチ。

ここでどさん子課長さんもタイラバに変更し、タイラバ3人体制である。青ケブも脱落!

しかしこれまた同じタイラバでもカラーが勝敗を分けたようで、黄色っぽいカラーが今年は爆釣の模様。この前から黄色が強いんだよな。そんなのなんでもいいって思ってたのに。

 

一方・・・私はエソとフグを釣るもそれ以外はノーヒット。「お前、飽きたろー」と言われてもずっとジグを投げ続ける。左巻きに強制しているのであちこち体も痛い。慣れない動作をずっと繰り返しているのだからさらにツライのだ。

 

その時・・・ふわっと魚がジグに触れた感触。

(お!じゃれた!)

グッグッグッグッグッ・・

(こいこいこいこいこい・・・・)

 

「ゴンン!じじじじじじ!」

 

きたあああああ!


図太い引き。この重さはサワラ否定。走る、走る、ヒラメ否定!キタか来たのかついにネリゴちゃああああああん!

あと少し、あと少しで姿が見える!左巻きに強制中の私はギクシャクするんじゃあああでもなんとかなりそううううううう!あとちょっとおおおお!


ふわ


あ。

 


「ぎゃあああ!」

 

叫んだのは私ではなく、組長である(笑)お魚を持って帰りたかったらしい。

 

しかし叫びたいのはこっちだ。なぜなら左巻きに変えてからと言うもの小物とは言え、バラしまくっているし、ジグロストも増えて来た。高速巻きが遅いのだ。微妙なところでテンションが緩くなってる気がする。でも頑張るのだ(泣)

「おいヘタクソ、サワラか?」

「いや、図太い引きだしネリゴかなあって」

「そうか!」

と言った社長がすでにジグを付けてジギングしている!w

(すげー。相変わらずはええな社長ってwww)


(うん?・・・アレ?)

よーく見たらアシストフックが切れていて、針ごとロスト、リーダーもボロボロだった。

(あ、コレって)

最初にじゃれた時にリーダーがボロボロにされたとすれば。


「社長~、たぶんサワラっす、スンマセン」

「なあにいい!?サワラならいらん!せっかくジグに変えたのに!」

「ぎゃあああ!サワラ!?サワラ!ムニエルめっちゃうまかったっすよ!」

社長と組長でこの反応の違いである。けっこう大きかったのかなあ。よく引いた。

※組長は前回私が釣ったサワラを持って帰ってムニエルにして食ったらしいです。


その後、タイラバで組長が鯛を掛けてはバラし、掛けてはバラし、掛けてはバラす漫才のような釣りを披露していただき終了となる。

あ、そういやダービーだったw


えっと、ダービーを制したのは「③番、タイラバ(黄色系)」に決定です!

今年の関門はタイラバ(黄色系)で間違いない!

知らんケド。

おわり

釣りは休憩。ちょっと香港行ってくる。

8/31(土曜)ある街の繁華街


『うおおflsglkじゃsかsdjf!!!!!!!』

 

突然鳴り響く人々の叫び声。

ガスマスクを付けた黒シャツのデモ隊がこっちに向かって走ってくる!

大通りの道路が一瞬で100台を超える警察車両で埋まった!

デモ隊の叫び声と警棒や催涙銃をぶら下げた数百人の香港警察隊!

あっと言う間に封鎖される地下鉄。

鉄格子のようなシャッターが降り、そのお店に慌てて逃げ込む観光客や通行人。

「キープムービング!」

(止まるな!動け!)

すげえ怖そうな警察官に怒られる私!w

f:id:ryo0119r:20190904174313j:plain

警察車両が大通りを埋め尽くした



そんな香港デモに遭遇してしまった。

今やニュースや新聞で見ない日がない香港。そんな激動の香港に行ってきた!

気付けばここは愉快な先輩後輩たちをけなす釣りブログになっていたけどせっかくなので感じた事を書いておきます。いい経験ですから。

あ、決して、あわよくば「民主の女神」「香港のジャンヌダルク」と呼ばれるアグネス・チョウさんが見たかったワケではないですが若いのになんてたくましいの。まだ若干22歳なのに私といったらw

 

f:id:ryo0119r:20190904173929p:plain

f:id:ryo0119r:20190904174008j:plain

※「アグネスチョウ 画像」でググってちょ。

 

カンタンに言うと、「逃亡犯条例」の成立を阻止すべく香港の学生さんが頑張っておりまして。
つーかデモ参加の7割強が学生さんってすごい。私が学生の時は合コンや水商売のバイトである意味刺激的な毎日を過ごしていたけど世間の不条理や不満を声出して叫ぼうなどとは考えた事がなかったな。もちろん政治も経済も興味がなく、酒と女しか興味がなかった私には目から鱗が落ちる


「逃亡犯条例」

例えば私がこのブログで他国の批判的な記事を書いちゃうだけで他国に連れて行かれて他国の法律で裁かれちゃうって感じかな。つまり今まで大丈夫だったのに他国の法律で色々大丈夫じゃなくなるって事で、すなわち日本人である事を否定されるって事です。うはあ、ナニそれイヤだ。

だから戦っているのか・・・。すげえな香港の学生さん。

 

一国二制度


香港は1843年から150年以上もイギリスの植民地で資本主義で成長。その後に中国に返還されたのが1997年。ただ、問題はこれからで50年間の2047年までは資本主義でいいし、香港の法律でいいよってイギリスと中国の間で約束したらしいんです。つまり香港は中国だけど、50年間は香港の制度で運営するから中国は手出ししたらダメよって事かな?

なので一国二制度って意味になるのですね。「ここは中国だけど中国以外の制度でおk」って事です。

ということは今回の逃亡犯条例を成立させようって動きは中国が約束を破って香港に手出しするって事になるので香港の人が怒るのもわかるし、例外を作ってしまうとだいたい一気に来るよね。

f:id:ryo0119r:20190904174152j:plain

ただ、このデモ、とっても残念なのは学生さんたちの破壊行為。火炎瓶投げたりして過激化したら制圧される格好の口実になるじゃないか。テロ行為って言われても文句言えなくなる。いくら地下鉄の運営会社に不満があっても地下鉄を壊したりして人さまに迷惑掛けちゃいけないんだよ。

ただ現地で聞くには「火炎瓶投げてるのは中国当局からの回し者」ってうわさもあって。勢い余って普通の学生さんも一緒に火炎瓶投げちゃってるらしいけど暴徒化を狙った扇動役がいるって。真実はどうなんでしょうね?ただのデマかもしれませんし。

さて、肝心の旅行ですが、昼間に観光する分にはま~ったく問題なし。むしろ観光客が激減してて観光スポットはガラガラでありました。いつもは百万ドルの夜景なんか人混みだらけで撮影すら困難だって。

問題は夕方から夜に掛けてです。※場所によっては15時くらいから。

「突然、ガスマスクを付けた黒シャツ来た大勢の人間がこっちに向かって走ってくる!」

f:id:ryo0119r:20190904173835j:plain

これはすごい迫力だった。これは20:30くらいだったと思う。


今から行かれる方も服装は上から下まで全身真っ赤は辞めた方がいいかも。目立つし、赤=中国、ですから警戒される可能性が大だそうです。


とか書いてたら、たった今、「香港政府が逃亡犯条例を正式撤回する」ってニュースが飛び込んできた!香港、どーなるのかな?学生さんたちが勝ったの?私って一番すごい時に行ってしまったの!?そしてまだ「普通選挙させろ」とか学生さんの要望もあるからまだまだ続くのかな?


あと28年後の2047年には間違いなく中国に飲み込まれちゃうんでしょうね。香港人香港人でなくなるって考えるととてつもなく重い問題だと思いました。

あと、香港警察の人って香港人なんですよね。香港人が警棒や催涙弾でどんな気持ちで香港人のデモ隊を制圧してたんだろうか・・・。

仕事とは言え、そんな仕事って・・・イヤだな。


おわり

細長いアイツらがキタ。

2019/08/20
中潮

釣れない・・・

どれだけ渋くても、数人でジギングしてりゃ誰かしら釣れてたヤズ・ヒラゴ。
自慢じゃないが、私にいたっては青物ボウズなどほとんどない今年。


その日は社長と私と某専務さんとその息子さん(13歳)での釣行だった。
某専務さんのお子さんにブリを釣らせてあげよう!夏休みのいい思い出になるだろ!という企画。

そしてこの魚探の反応である。期待は高まるがその期待はあっさり裏切られる事になる。これはアジゴより小っちゃいオキアミ的な何かなのだろうか。

f:id:ryo0119r:20190903133846j:plain

オキアミ?

f:id:ryo0119r:20190903134056j:plain



白島沖でまだ小学生の面影が残る中学生になったばかりの息子さんがファーストヒットでアコウを釣り、私が良型のイサキを釣ったくらい。うん、アレはなかなかのイサキだった。うんwあ、写真ないや。


その後、ジグにアジゴが引っかかる事案が多数発生するも、そのアジゴを餌にするハズの青物が食いつかないのだ。

だいたいジグにアジやらサバやら引っかかる時は大型青物が付いてくるのが定番なのだけども。


「うーん、社長・・・もしかしたら、、ですよ?」

「これ、アジゴがジグを食って来てると思うんですよ」

「つまりアジゴはめちゃくちゃ安心して食事してるって事ですよね・・・」

「つまり・・・敵(大物)がいないって事じゃ?」


私の仮説はカンタンに言うと上記の通りだった。まあ、難しく言ってもこのレベルだけども。うん。つまり船の下はのんびりモードでアジゴたちが平和にお食事してるのではないか。

「水島なら釣れるか?」

そんな社長の問いに答えられるワケもない。だって今年は私も社長も二人してほとんど水島に行ってないんだものw

ただ、ベイトがいるのでここで粘る事を提案したかったが、お子さんもいるし、「夏の思い出に腕が折れるまでジギングしろや!」「大型が回遊してくるまでアオリ倒せやあああ!」というのは小学生を卒業したばかりのお子ちゃんに対しては非常に酷なので浅くて釣りやすくて楽しい水島へレッツゴー!

私とお子ちゃんが船の先端に座り、社長がぶっ飛ばす船はさながらジェットコースターで、あれからずっとおケツが痛い。ケツが二つに割れたかもしれん。そのお子さんは釣りよりもジェットコースターを楽しんでいた感じはあったが。

さあ、久々の「水島」に移動するもキープサイズは私が釣ったアコウだけ。その後、社長が買ったばかりのちっちゃいジグでちっちゃいアラカブを釣りまくる芸当を披露していただくが、「飽きた」との事。

しかし、新ネタのちっちゃいジグに反応が良いと踏んだ某専務さんも社長のおススメちっちゃいジグを付けて遊んでたら。

社長と某専務さんの竿が同時に曲がっている!

ええ~!なになに~!?

と思ったらニョロ――ンと棒の魚が上がって来た。

「ヤガラだああああwww」

ヤガラってペアで行動するのかしら。めずらしいヤガラのダブルヒット。夫婦だとしたらそのヤガラ夫婦はおじさんコンビの餌食になってしまったという事か。ソーメン。細いだけに。

 

f:id:ryo0119r:20190903134154j:plain

ヤガラ夫婦。・・・ソーメン。

「釣れた青物、アジだけだったっすね」

「ははっ!確かに」


おわり。ぼっちゃん、ブリは来年の夏休みね!

ザリガニ後輩登場。シイラも登場。

2019/08/17

我が鮮魚事業部に待望の新人が本格加入である。

今年のGWに晴れて1級船舶小型免許を取得し、労せず出費せずタダで船に乗るピラニア先輩やイカゲソ先輩と比べると雲泥の差。

f:id:ryo0119r:20190826171108j:plain

 

「寝ずの番は任せといてください!」

まんざら虚勢を張っているワケではなく、彼は本当に自信があるのだろう。なぜならば42.195kmのフルマラソンを夫婦の愛で走りぬくマラソニストだからだ。

「部活は帰宅部っす」

「ラブラブっす」

奥さんもマラソン初心者で最近始めたらしいのだが本当にすごいね。夫婦でロングのフルマラをラブラブパワーで一緒にフィニッシュでゴールするんだって。

「魚、全部ください!」

「妻と一緒に捌きます!」

「・・・なんでも巣穴に持って帰るザリガニみたいやな」

そんな社長の一言でザリガニ後輩と名付けられた彼。エサのキビナゴですら持って帰って食べる「ピラニア先輩」といい勝負であるし、

「切り身なら持って帰って来て」

などとスーパーで買えるような状態で持って帰ってこいという私の妻と比べても色々な意味でさっぱり勝てない相手であるのは確かである。

うーむ。・・・近い将来、私の現在のポジションを脅かす存在になるのだろうか。

そんなザリガニ後輩も今はただの初心者であるので社長のスパルタ特訓をモロに受ける。


「あの島はなんだ!?」

「馬島です!」

(・・なんだと!?)

「じゃあ、あの島は!?」

「すみません、わかりません!」

(ほっ・・・) ε-(´∀`; )

「帰ってGoogleマップで確認しておきます!」

「地理を頭に叩き込めよ!」

「次までには覚えておきます!」

(ヤヴァイ)


えーと・・釣りは、そう釣りはまだ初心者であるのでそこだけはまだ負けるワケにはいかないが別に競うモノでもないし、そこは懇切丁寧に教える所存である。


「今から始めるなら左巻きで始めな!」

「わかりました!」

「きつかったら右巻きでもいいけどな」

「いや、これで頑張ります!」

という事でジギング開始である。

さすがにギクシャクしているザリガニ後輩だが、左巻きのハンデを鑑みても決してヘタクソではない。今まで多くの初心者を見て来たけどザリガニ後輩は断じてヘタクソではないようだ。

(コレ、ヤバい・・・)

時間を追うごとに段々とザリガニ後輩の左巻きがスムーズになっていく。

そんなザリガニ後輩に早速ヒット!

「来ました!」

エソ。

「来ました!」

エソ。

「また来ました!」

エソ。

合計5匹のエソでザリガニ後輩は本日、ジ・エンド、撃沈となる。

(うむ、まだまだやのう・・・いひひ)

私と社長はヤズとかヒラゴとかをボチボチ釣ったのはいつも通りだが、去年は釣れていないアイツらが船の周りを回遊し始めた。

50mほど先を青物がびょーん、びょーんと景気よく飛んでいる。そしてその魚の上をカモメが一緒に飛んでいる。

「魚と鳥が一緒に飛んでる!w」

と思ってよーく見たら、その2匹の先にトビウオ!

ウビョーーーーーーー!と飛んで逃げている!トビウオはどっちから逃げているのかわからないけど、そのカモメとトビウオの距離が段々と詰まっている!

息飲む展開!

トビウオとカモメの距離が縮まる!捕食体制に入り、前足が上がった!しかしながらその分、失速!

(逃げたかな?)

多分、カモメは食事にありつけず、その後、水中でどんなドラマが起きていたかは知りまへん。


(・・・トビウオ追ってんのか!)


トップウオーター投げようかと思ったけど付け替えも面倒なのでロングジグをそのまま遠投。着水と同時に巻き始めて、水面をバシャバシャ、ちょっと水中を泳がせて、また浮かせてバシャバシャ・・ギラッ!

キタ━(゚∀゚)━!

ウヒョー!

何度もジャンプする青物。テレビでよく見たカジキがジャンプする感じの10分の1ミニチュアスケールのファイトだ。

(゚∀゚)あひゃひゃひゃ

たのしいいいい~!

という事でやっぱりコイツ、シイラだった。

f:id:ryo0119r:20190826171326j:plain

マヒマヒは高級魚だって。ハワイならね。

釣り上げた時はきれいな青色のシイラも段々と黄金色になって行き、写真を撮る頃には黄緑色に落ち着いたまあまあのシイラ。去年は釣れなかったから2年ぶりだな。

シイラは興奮すると黄色になるそうです。警戒色とも言われていて、釣り上げ中に水中で黄色になっちゃうと他のシイラは警戒して逃げてしまうという噂も。
つまり、シイラが外道でやけに多い時はわざと黄色になるまで泳がせておけばいいんじゃない?とか思った次第です。ハイ。

その後、錆びたボロボロフックのミノーを投げた社長にも良いサイズのシイラが掛かり、ジャンプジャンプで散々楽しんだご様子。見てて楽しいね。

 

その後・・・

ザリガニ後輩に負けてはマズイと左巻きに変えて、強制トレーニング開始。

ぬぐぐぐg、コレ、、、かなり厳しいぞwだんだんリズムも落ち着いて来たけどワンピッチがツライ。左巻きに変えてから、ピタリとアタリも止まってしまった。まっ、いっか。釣ったし。

という事でザリガニ後輩はエソに終わり、私と社長はボチボチ釣って納竿となりました。

「ふ、まだまだ、だな」

おしまい

チョウケイ襲来(パパ)

2019/08/08
釣りバカのチョウケイが中国から帰ってきた(というより遊びに来た)ので早速、釣りに連れ出す社長と私。あ、おまけの達人ウーロンも。

f:id:ryo0119r:20190809175624j:plain

チョウケイと私。美白モード。

チョウケイは私よりジギングを始めた時期が早く、竿やリール、アシストフックの選び方など色々と教えてもらったのだ。

チョウケイは北九州大学に留学していて、昨春、卒業して「日本でビジネスしたいネ!すぐ帰ってクルYO!」と言い残し、いったん、中国に帰った。

気も利くし勤勉家の好青年で誰もが日本で仕事をするんだろうと思っていたら「ケコーーンするヨ!」と言ってさっさと中国で結婚してしまい、かわいい女の子も産まれてパパとなり、ついには帰らぬ人となった。
お相手は帰国してすぐ知り合ったご近所さんらしいw

さて、チョウケイの紹介はこれくらいにしてっと。


予報では東の風3~4くらいだったけどけっこう沖は暴風で初心者ならば釣りは無理。しかしながら我々は素人ではない。ウーロン・チョウケイ・そして私は数年間も船上で社長に鍛えられた百戦錬磨のプロなのだ。


他の人のラインの動きを確認し、オマツリしないようにジグやタイラバを投入していく。


「キタ━(゚∀゚)━!!」

「社長~!私が釣れてますうううう!」

「キタ━(゚∀゚)━!!」

「チョウケイ!それオレ!俺が釣れてる!」

「キタ━(゚∀゚)━!」

「ウーロン!それ、社長の魚!

 

えっと、社長のヒラゴにウーロンのタイラバが見事に絡まって、「どっちの魚でショー」が面白かったかな。

f:id:ryo0119r:20190809175459j:plain

うーむ。どっちだ?w

しかし全くけしからん。ネタがイマイチだったのだ。ネタの達人ウーロンすらヒラゴを釣り上げるし、社長はファーストヒットでさっさとボウズ逃れ。私もまあ普通に釣れるし、チョウケイもちゃんと釣ったから全員安打達成ってワケだ。ネタのプロの名に恥じない程度にネタを提供しておくれよ~。ブログに書く事なくなっちゃうじゃんかよ~。プロとして自覚をもっと持ってもらわないと~。

 

f:id:ryo0119r:20190809175258j:plain

チョウケイ?後ろに…誰か・・・いるよ・・

 

f:id:ryo0119r:20190809175539j:plain

ちっ、バラせばよかったのにw

 

えっと、しかしとにかく小さかった。

コ瀬のど真ん中から流す感じで15~20mくらいの浅いエリアでしかヤズやヒラゴは釣れず、大物狙って流されるがまま深い位置で頑張っても釣れるのはエソとかフグとか。あ、私がサワラを釣ったくらいか。

風が強かったからキャスティングもやるだけ疲れそうだったしひたすらジギングでヒラゴとヤズを釣っておりました。

普段なら憎たらしい暴風も夏場はちょっと助かったかな。熱風をかき回している感じはあったけど、それでも風はありがたかったです。

f:id:ryo0119r:20190809175905j:plain

この船、超デカかった~!夜、人工島でライトアップしてた。すごかった。

おわり

うーん、ネタがない。つまらん。

太鼓の達人みたいな魚探反応。どん、カッカッ!

2019/07/30白島コ瀬付近

ふふふ。新リールだYO。

 

f:id:ryo0119r:20190808173039j:plain

Gショックみたいでかっこいいw

ダイワBG4500H

8本組のPE3号を200m(捨て糸も200mくらい巻いたけど)
(私は個人的には4本組が好き。なんかハリがあるので。でも今回は久々に8本組にした。)

そしてネットで買うか釣り具のポイントで買うか悩んだけど、これ、ほとんど変わらないよ。ネットのショップによってはちょい高いのもあるくらい。ポイントさん、がんばってるね!(・∀・)イイネ!!

 

ダイワ BG 4500

価格:13,608円
(2019/8/8 17:26時点)
感想(0件)

そんなリールは重い上にデカいけどなんか時計のGショックみたいでごっつくて男らしくてイイ感じである。

そして左巻きである。どーしても左巻きに慣れない私だけど、ジギングよりストレス無さそうだからキャスティングは左巻きで頑張ってみる所存にしてみたのだ。

そしてピンクのマリアラピードさんを付けて投げる。初めてキャスティングロッドで投げてみた。しかし・・・コレはよー飛ぶぞ。(・∀・)イイネ!!

f:id:ryo0119r:20190717173933j:plain.※これは先週の写真だけど、やはり美肌モードなのだろうか、( ゚Д゚)顔がキモい。

 

しかし・・・


熱い!暑いを通り越して熱い!熱い!あちちちち、もうナンダコレ!尋常じゃない汗と直射日光と戦いながら投げる、投げる、投げる・・・。それもそのはず、今日のスタートは14時だったのだw

 

f:id:ryo0119r:20190808173310j:plain

やっぱり美肌モード?( ゚Д゚)顔がキモい。

日陰となる船の左舷部分は達人ウーロンと社長が陣取っており、そこに入り込む余地はない、つーか、キャスティングはぶん投げるから先端か後ろは固定なんだけどね。

「お前、それ釣れんやろーw」

といつもの暖かい言葉をいただくが、インチク・タイラバの社長も達人ウーロンも何も釣れていないので私はとっても気楽である。わははは。

しかしながらあまりの暑さに社長はエアコンが効いた船内へ。それでも私は太陽とタイマンを張り続け、ウーロンは地道にタイラバをやっている。

 

その時・・・!

 

ギラッ!ずびょーーーーーーーーん!ギラギラッ!

まるで昇り竜のようにギラギラと魚体を反射させながらズビョ――――ン!とマリアさんを加えて水中から飛び出したのは・・・

・・・ダツ!

・・・いやサワラ?(違うと思う)

・・・まさかタチウオ??(絶対違うと思う)


ま、多分、ダツだと思うんだけど、とにかくヒット!

「うひゃあ!まさか私にw」

「かっちょいいいいいい!!!」


メチャクチャかっこよかったのである。マリアを加えてズビョ――――ン!と飛び出すその絵が。


とにかくヒット!相手にラインを切られないようにここは強引に巻きたいところ!

しかし!


ここで立ちはだかる・・・


左巻きの壁!(笑)


ああああああ~ギクシャクするんじゃあああ~グイグイ巻けねええええええ!糸フケが出そうだぜコンチクショー!おりゃあああ、ふわ、ああ。。。あ。あ。あ。


あ。


ふわ。って。_| ̄|○


かくして清水の舞台から飛び降りながら衝動買いしたマリアラピードさん(アシストフック込み3,000円くらい)は初ヒットで一撃で持って行かれてしまったのである。


「びよーーーんってメッチャかっこよかったっす!」


「いいもん見れたやんかw」


「リーダーがボロボロっす」


遠投と使いやすさを考慮した25lbという舐めた数値のフロロカーボンはズタボロになりつつあっさり断ち切られたので次は手持ちの30lbを巻いた。あまり変わらないけど10キロ程度のヒラマサならこれで十分上がるハズだ。多分。根ズレさえなければ。ダツ・サワラの歯ですっぱり行かなければ。そして・・・左巻きで太刀打ちできるならば。(無駄死にしちゃうお魚に悪いのでタックルはしっかり準備しないとね。これでダメなら次は50lbかなあ・・・)


「本当にお前はなーんも釣らんのうw」

汗だくだくの私にいただいた社長の暖かい言葉に火が点いた私は灼熱地獄の中、ジギングを決意。

「ジギングやりますよw」

「釣れん釣れん無理無理w」

 

しかし社長が「絶対に釣れない」と言ったのもわかる気がする。とにかく暑い・・・のではなく、アチチで熱いのだ。さらにインチク・タイラバで生命反応がないとなるとジギングで釣れるワケがない。だって熱いし。ああもう!あちち。

とは言え、面倒なのでキャスティングロッドにジギング用のリール(右巻き)をセットして100gのどっかの安いロングジグをセット。

 

灼熱地獄の中、長くて重いキャスティングロッドでジギング開始。流れる汗、焦げ付くお肌、おでこを流れる汗がヒリヒリし、目に入ったらこれまたヒリヒリする。不快指数300%、それでも私を突き動かすものは「プライド(ヤケクソ)」のみである。

その時、ふと魚探が目に入った。

f:id:ryo0119r:20190808173422j:plain

太鼓の達人って難しいよね

「社長~!これ珍しい!w」

「おお~初めて見たかも?w」

太鼓の達人だドン!w」

 

f:id:ryo0119r:20190808173502j:plain

一直線の小魚マーク。そしてたまに混じるちょっとだけ大きめのお魚アイコン。

どんどんカッカッ、どんカッカッ!って感じやん。

 

f:id:ryo0119r:20190808173527j:plain

★マークは私の加工です

(底から10mくらいかあ)

ジグをエイヤ!っと遠投して斜め引き作戦開始。斜めに15mしゃくり上げてまた落とし、15mしゃくり上げてまた落とす・・・・。15mしゃくり上げたところで・・・ゴン!

よっし、右巻きリールに変えた私に死角はないぜ(笑)

ゴリ真紀・ゴマキカルーセル麻紀。とにかく底から引き離し、なかなかの抵抗を受けながらようやく1本!

 

f:id:ryo0119r:20190808173656j:plain

カルーセル麻紀

 よく引いたし、苦労した割には小さかったけどクソ暑い中で釣れた貴重な1本である。

 (このキャスティングロッドはマグロまで行けるって書いてたけど、デカいのは無理。まあ、いいけど。デカいマグロとか釣れないし。)

 

ちなみにコレ。安いし、防波堤からジグ投げるにもいいね。コレ。

【セール】アブガルシア:オーシャンフィールド オフショアキャスティング OFOS-80MH (17モデル) 【スピニングロッド/釣り竿・釣竿】【返品不可】

価格:12,096円
(2019/8/8 17:38時点)
感想(0件)

 

 

「(このクソ暑いのに)さすがやのう」

太鼓の達人でした~へっへっへ」

「私もジギングやる」

社長も根魚狙いのインチクを諦め、ジギング開始。

 

そしたらまた私にゴゴン!ビビビ!ぐいぐいビビビ!ぐぐぐぐ!ビビビ!


「あひゃひゃひゃ、また来ちゃいましたああああ」

「またお前・・・」

「社長もすぐ釣れますよ!」

 

(しかしビビビ?まさか?)

ブリやヒラマサと明らかに違う「ビビビ」の振動。さっきより大きくない感じだけどよく引くこのビビビ感はもしかして・・・。


ふわ・・・


「あ」

 

_| ̄|○


針が折れてしまっていた。

多分、あれはヨコワ(マグロの子供)だろうなあ。まあいっか、小さいマグロは放流対象だしさ。

その後、偶然に定評がある達人ウーロンがタイラバで偶然にもヒラゴを釣り、ノーカンとなった。

f:id:ryo0119r:20190808174855j:plain

我が生涯に一片の悔いなし!どごーん!byウーロン


我々ってなぜかタイラバやらインチクでなかなか青物釣れないんだよね。なので絶対にアレは偶然だ。しかもウーロンだし。

 

社長「私、ボウズだった」

 

ウーロン「私のは偶然っすよ!w」

 

私「自分から偶然ってw」

 

 

ということでたいした内容でもないブログですみません。ということでマリアラピードさんを帰りにまた買ったのだ。リベンジはいつだ~。

 

おわり

【ついに完結!】とことんスプリットリングプライヤーにフラれた夏

私はいったい何をやっているんだ。


また買ってしまった。

 

f:id:ryo0119r:20190729145748j:plain

今度こそピシャリと見た!


ちょっと大きめと思われる「スプリットリングプライヤー」


780円だったので失敗してもま、いっか、って気持ちで購入してしまった。

さて、早速リングをつかんでみる。

f:id:ryo0119r:20190729145830j:plain

 

「あれ?」

余計、リングが斜めになって入れにくい。しかも大きめだから作業がしにくいのである。つかみにくいのだ。とにかく。

 

(これってやっぱり、リングごと挟むのかいな?)


リング全体をつかんで広げてみる。

 


「えい」

 

f:id:ryo0119r:20190729145855j:plain

わしづかみである。


(おお、なんか広がるけど、これって・・)

 

リング全体をプライヤーで挟み込んで広げてみるが、ピンポイントで作業しやすい「美味しい部分」をさっさとつかむのは非常に困難である。しかもジグやらプラグだとか付いててごちゃごちゃしてたら余計に難しい。

 


挟むの失敗して

 

「コロリン・・・」

 

(# ゚Д゚) イラ!


挟み所が悪くて


「コロリンコ・・・」


(# ゚Д゚) イライライライラ


負けるかこのやろ!


「ぴょーん!コロコロ・・・」


(╬ ꒪Д꒪) ゴゴゴ…

 


しかも、転がって行ったリングが見つからずに。


( º дº)<キエェェェエエェェェ

(発狂)

 

( º дº)<キエェェェエエェェェ

(発狂)

 

 

えっとつまり余計に作業スピードが落ちて、イライラこの上ないのである。

そこで昔使ってた安いヤツを使ってみると・・・。

 

f:id:ryo0119r:20190703131905j:plain

 

 

スッ、くいっ、クックックッ・・・

 

・・・ふう。


(スムーズに)「完成」


ヽ(〃v〃)ノ★アハーン

 


スプリットリングプライヤーに浮気、そして泣いた夏。

使ったお金、トータル5,000円。長年愛用していた元カノが一番私を理解してくれてたって事になる。

浮気してごめんね。ちょっと値段が張るオンナに手を出してみたけど、結局は元サヤに戻りたかったんだよ、信じておくれ、本当だよ。

今年の夏に経験した彼女たちはいつの日か・・・私がサラリーマン漁師のワクを超え、大金を稼ぐために荒海に乗り出し、ついにはマグロ漁師にでもなった時にでも出番があるだろう。

きっとね。

サヨナラ。また会う日まで。

 

えっと、10キロ前後のブリ~ヒラマサレベルのライトジギングならポイントやらトライアルで売ってあるような安いスプリットリングプライヤーが超万能だった。

みなさんもご参考ください。私が5,000円以上捻出して取れたこのデータ、間違いはないハズです(号泣)

プライヤーごときに5,000円も使っちゃったぜ(号泣)

f:id:ryo0119r:20190703132443j:plain

これが最大級のお金が掛かった彼女です。デカいわ、マジでw

おわり

 

頭おかC※台風5号の関門釣り

2019.07.20

f:id:ryo0119r:20190729160750j:plain

東~東南の風、気になる風速はおしなべて強い5。通常ならまず釣りは中止。そんな台風5号が朝鮮半島を通過ちゅうなう、の日。

「とりあえず港行くか」

(・・・え)

仕方ないのだ。今日は釣りにどっぷりハマってしまった某金融機関の組長さんと、サラリーマン根性だけで組長に付き合う担当の杉Pさんとの接待釣りだからだ。

横殴りの風と雨。そんな状況の中、車で港に到着するとそこで目に入ったものは・・・・!

傘もささず暴風にさらされまくって我々の到着を待つ組長と杉Pさん。

(あ、この人たち、タクシーだったわw)

屋根などない吹きさらしの港、暴風、横殴りの雨。それでも待つ、我々の到着を。そう、出航の可能性に掛けて。まさにその根性、プライスレス。

関門は西・北西系の風でなければ多少の強風でも地理上の強みからかなりの確率で風を受けない良漁場であり、それはまさに自然の要塞とも言うべき安心感、つまり中心気圧が985hPaごとき台風など我らの関門に掛かれば赤子同然なのである。

 

「荷物入れましょうか~」

 

(え、マジ?行くの?)」

 

強風に煽られた船を岸壁に寄せるだけでも一苦労、もちろん船を出すのも超絶に一苦労な状況は変わらない。

なんとか出航したとしても風にあおられると元々効き辛い船外機の船舵も効きにくく、港から出るにも一苦労。


(とにかく港から出てしまえば・・・!)

 

「びゅごおおおおおおおおおおお!」


「どごおおおおおお!」


(・・・うん。ダヨネ)


暴風に殴りつけられる状態は変わらない。ただ関門は波もあまり立たないのでとにかく風だけなんとかしないと。


「社長、税関前ならもう少し・・・」

「そうすっか、あっちは大丈夫だろ」


という事で我々は関門の神秘、【税関前】に移動する事にした。

地理上の都合から山が多少の風は遮ってくれるので多少の強風などくそくらえ、まさに税関前は関門の楽園、いや桃源郷なのだ。税関前は秋になったらネリゴも釣れるし、ここで過去にあれ以上の引きを経験した事がない超大物を逃がした事もある。

 

「どびゅおおおおおおおおおおお!」


(うん・・・ダヨネ)


「もっと岸によれ!」

岸に寄るとさすが関門の桃源郷、風も少し弱くなり釣りは出来そうである。しかしながらさすがは台風。あっと言うまに沖に出される。そう、つまり風に乗ってしまえば。


「どごおおおおおお!」

・・・である。


まあそれでも釣りは出来るので青ケブ付けて、釣り開始。私は皆さんがコツをつかむまでアレコレしたのち、ジギングである。


さすが社長、青ケブで20年、関門で遊んできただけあって、あっさりと鯛を釣り上げる。

f:id:ryo0119r:20190729160945j:plain

台風

f:id:ryo0119r:20190729161324j:plain

つうかなう




しかし敵は青ケブでも鯛でもない。ちょっと沖に出されたら「どごおおおおおおお!」の台風5号だ。

社長の鯛で一気にテンションが上がった船中、組長も杉Pさんも頑張る。

 

誰も帰ろうだなんていわない。

 

(この人たち、頭おかC)

 

風の影響を受けにくい岸に寄っても、西に流れる関門の流れと東から吹く風がドンピシャ奏でる暴風のハーモニーであっという間に沖に。流される方向と風向が一緒、つまり1+1=2なのだ。

 

「ごおおおおおおおお!」

 

「わはははははは!」

 

しかしなんだかあまりに強い風はなんだかテンションを上げてくれる。雨も降らなかったしちょっとしたアトラクションのようだった。

 

だんだん私も頭おかCくなったんだろうか。

 

 

f:id:ryo0119r:20190729161419j:plain

風でオールバックに

f:id:ryo0119r:20190729161452j:plain

横風の髪型

 

組長も杉Pさんもなんとか数匹の鯛を釣り上げるも今日の関門はイマイチな感じである。

 

 

だって台風通過なうだもん。

f:id:ryo0119r:20190729161522j:plain

帽子が飛んだ決定的瞬間


それから数時間粘るも思うように釣れない。


「釣れんのう。」

「いや、こんな時に釣りだなんて」

「うん?」

「みんな頭おかCっす」

「はい。そろそろ帰ろうかw」


という事で無事に全員無事だった台風5号の関門釣り。一日オール東の風、風速4~5mだから出航しましたけど良い子はマネしませんように!

あ、そういや遊漁船が我々以外に1隻のみ出ておりました。

みんな頭おかCよねw

まあしかし関門はすごいなあって思った。だって台風通過中でっせw釣りが出来ちゃうんだから(笑)

f:id:ryo0119r:20190729161939j:plain

イカ釣りの時に見た護衛艦かな?



あ、私のジグは強風のため、ブリ・マサ用の100gのロングジグ。もちろん何も釣れませんでした。杉Pさんの飛ばされた帽子をタモですくったくらいかな。関門はダイソージグくらいが丁度いいね。

 

 

おわり

関門に青物到来か!?ダイソージグで十分。(ちっちゃいヨ)

2019/07/13

関門でジギングをやられている皆さまに朗報ですがタイトルほどの期待感で読まないでくださいネ。

朝から曇りのち雨という状況で白島沖は無理、それならば関門でのんびり釣ろうじゃないかって事で青ケブを買い込み、小物釣り専門のピラニア先輩、休みの日は釣りに行かなきゃ死んじゃうイケメン青山テトラくんと社長と私の4人で「雨が本格的に降り出すまで関門でノンビリ」という超レジャーコースだ。しかし意地でも行くんだな、私達ってw

さて、先週のイカ釣りに比べて気負いも根性もプライドも不要。いたってラクちんな釣りである。

出航からあっという間に5分、小倉マリーナの沖に到着。大型船の航路を避けて、流されるがままのラクちんな釣り開始。

準備が異常に早い社長がさっさと青ケブ付けて投入。

「釣れんぞ」

「いや、まだ3分です」

という本気なのかおきまりなのかわからないトークを繰り広げて20分くらいするとぽつぽつと鯛めしサイズの鯛が上がって来た。

 

f:id:ryo0119r:20190718175004j:plain

 

イケメン青山くんがファーストヒット、かな?

 

f:id:ryo0119r:20190718175041j:plain

小物専門のピラニア先輩までも鯛めしサイズとは・・・




(さて、私はやっぱりジギングだなあ)


どこでもジギングと決めている私は80gの中国製ジグをセットして、さて、第一投なげ・・・・

「ばちゃ・・・っ」

 

ん~?ボラ?サゴシ?

 

「・・・パチャパチャ」

 

ナブラほどではないが、魚が表層でわちゃわちゃやっている模様。

(なんだろ?)

とりあえずパチャパチャに向かって投げること数回。

グっとした感じでなんかキター!

 

私のヒラマサ用タックルで巻くけどなんか引いてる感じはあまり感じられないけど、横走りしている!

 

「おお!こんな(小さい)の初めて~!(*´Д`)~」

 

f:id:ryo0119r:20190718174914j:plain

ちっ、しまった、イケメンと並ぶと色々ヤバい・・・。

 

さて、ブリの幼魚のヤズ・・と言うんだろうかこのサイズは。イケメン青山君が釣ったキスと比べるとそのサイズ感がお分かりいただけるだろう。

 

「あ、もちろんいただきま~す」

 

リリースなんて言葉は辞書にない小物専門のピラニア先輩が持って帰るというので美味しく食べていただこう。


さて、それにしてもフックがデカいのか(一応、ヒラマサ用だもん)コツコツ当たるけどフッキングしないもんだからダイソージグにチェンジ。アシストフックも所持品の中から一番小さいヤツを付けて、雨が降り出すまで楽しめました。

けっこう当たるけどバラシも多くて、25~30センチくらいのヤツを雨が降るまで5匹?くらい釣れました。あまりマジメにしなかったしね。リリースも考えてさっさとイケスに入れたからあまり写真撮ってないけど結局ピラニア先輩が全部持って帰ったからその苦労も水の泡だったのだが。

 

f:id:ryo0119r:20190718175202j:plain

これが一番大きくて30センチくらいかな?



そして防波堤に近い浅瀬でもわちゃわちゃやってたから岸壁のどこからでも釣れるんじゃないのかな。

えっと、白島沖とかに比べて青物の確率が薄い関門だけど超楽しかった。小物釣りも奥が深くてハマりそうだ。

おわり